「光老化」の原因とは?

光老化の原因とは?

『光老化』という言葉がありますが
光老化とは紫外線によって引き起こされる
お肌の老化現象のことを言います。
例えば
色素の沈着で起こるシミ
皮膚の新陳代謝機能が
うまく働かずに起こる
たるみやシワ
乾燥が原因で皮膚がゴワゴワしたり
カサついたりなど
光老化は様々です。

 

これは主に紫外線A波が原因ですが
紫外線にはA波とB波の2種類があります。
どちらもお肌に悪影響を及ぼしますので
知っておくと良いでしょう。

 

まずA波ですが、
A波は肌を黒くします。
A波は表皮を通り抜け
肌の深い部分まで届きます。

 

このA波が
コラーゲンやエラスチンを
変質させることで
肌の弾力を奪うのです。
これがシワやたるみの原因だと
と言われています。

 

そして紫外線A波は
肌の内側の水分も奪い
お肌を乾燥させてしまいます。

 

その結果
水分を逃がさないようにしようと
防衛機能が働き
皮膚が厚くなり
お肌がゴワゴワしたように感じるのです。

 

そしてこのA波は
常に地上に降り注いでいて
室内にいても
ガラスを通り抜けて
お肌に届きます。

 

そしてもう一つの紫外線B波は
お肌が赤くなったり水ぶくれを
引き起こしたりする紫外線です。

 

これは肌の表面の細胞を
傷つけることで起こります。

 

日焼け止めや
紫外線予防を怠り
繰り返し日焼けや炎症を起こすと
皮膚ガンの原因になるとも
言われています。

 

紫外線はお肌の細胞を傷つけて
深い部分から
老化を進行させます。

 

そのため日々のお手入れで
お肌の新陳代謝やターンオーバーを
正常に保つことが
重要になってきます。
それが5年後、10年後のお肌の違い
になってくるのです。