肌の老化原因は紫外線

肌の老化原因

肌の老化一番の原因は加齢ではなく、80%が紫外線だと言われています。

 

わずか数分でも紫外線を浴びるとダメージを受け、
それが積み重なりシミ、シワ、たるみを引き起こします。

 

波長の長いUVA波はコラーゲンにまで悪い影響を与え、
コラーゲンを生み出す力を弱らせます。

 

 

コラーゲンが少なくなると水分も減り肌のハリがなくなっていきます。

 

紫外線は目に見えないのでついつい油断してしまいますが、
夏だけでなく、冬も曇りの日も降り注いでいるので紫外線を浴びても負けないバリア力のある肌をつくることも大事です。

 

バリア力をつくるには日ごろの保湿が肝心です。

 

日々のケアと冬でもUVカットのファンデーションを使うことをおすすめします。

 

 

紫外線対策に良い食べ物としては、
ビタミンCが豊富なみかんなどの果物、リコピンを多く含み抗酸化作用のあるトマトが有名です。

 

トマトの季節には意識して食べるといいですね。

 

ビタミンCはシミやそばかすの原因にもなるメラニンを抑えたり、
コラーゲンを促進する働きがあります。

 

また食べ物だけで補えない場合はサプリに頼るのもいいと思います。